さくらんぼの木を作りました☆ほたるクラス

[ 三の丸保育園 ]  2021年5月27日  ( 三の丸 )

ままごと遊びの中で、小さい人の間で「好きなフルーツ」の話題になり、

それぞれ好きなフルーツを言い合っていました。

担任が「私はさくらんぼが好きだよ。」と話の輪の中に入ると、

「さくらんぼって?」と小さい人。

小さい人には、多分食べたことはあったかもしれないけれど、記憶が薄かったようです。

担任が「さくらんぼは木になるよ。」というとまたまた不思議そうでした。

翌日、さくらんぼの木とさくらんぼの実が成っている様子の写真を

みつばちの部屋に掲示しました。

すると、小さい人の中から「あっ!これ食べた事あるよ!」

「うん。あるある。おいしいよね。」という言葉がでてきました。 

ということで、さくらんぼの木を堪能すべく作ることにしました。

お花紙を丸めて、さくらんぼに見立てたり

タンポに赤い絵の具をつけたり

赤い丸シールを貼ったりと

思い思いの方法で「自分だけのさくらんぼ」を作っていました。

そして、枝や幹を付け加えて

完成です!!

追記:後日 担任談

「どうして、先に枝や幹などを描いて、その上からさくらんぼの実を

つけなかったのか。」

という、他の保育者の意見について

「みんなに、さくらんぼの実だけを 楽しんで欲しい」という思いがあり

あえて 何も描いていない(枝や幹や葉が描かれていない)まっさらの状態から

さくらんぼの実だけを表現してほしかったから とのことでした。