今、保育園は?(2)

[ 子育て支援ブログ ]  2010年4月11日  ( やまなか )

今日は、日曜日、あかつき保育園では、休日保育も実施しています。(写真は食事風景)

一日の利用定員は10名で、自分の園だけでなく、近くの保育園からも来る、いわゆるステーション方式とよばれるものです。

休日保育が始まったことにより、園が完全に休みになるのは、年末年始だけになりました。このため、小さい人たちは365日毎日保育園に来ることに限りなく近づます。
また日々の保育時間は7時~7時30分までとなっていますので、それこそ起きている時間のほとんんどは保育園にいるということになります。

したがって、保育園はより家庭に近い環境を設定し、家庭に変わる場所として小さい人が安心して、生活できる場になっていかなければならないと考えています。

今年度から実施されている、保育指針においても「保育園(保育所)は、保育に欠ける子どもの保育を行い、その健全な心身の発達を図ることを目的とする児童福祉施設であり、入所する子どもの最善の利益を考慮し、その福祉を積極的に増進することに最もふさわしい生活の場でなければならない」と述べています。

保育園は、決して教育施設ではなく生活の場でなければならないのです。休日保育に関しては特に細心の注意を払い、のんびりと楽しく一日を過ごすことができるよう配慮しています。

コメントを残す

CAPTCHA